「RASネット北海道」の沿革

協議会概要

噴火湾沿岸のホタテ生産に関わる「噴火湾ホタテ生産振興協議会」が、道庁の補助事業等を援用して運営する広域の漁業関係者による海洋情報取得システムです。

前身組織である「渡島海洋環境ネットワーク推進協議会」の理念を受け継ぎ、胆振西部噴火湾と渡島北部噴火湾および渡島東部側の沿岸海洋環境をつなぎ合わせ、 広域の海洋変動を、主に多層の自動水温観測ブイと複数のオフライン塩分センサーの情報から追跡しています。

科学的海洋環境データに基づく北海道の沿岸漁業振興のために、現在稼働している他のシステムとの連携も想定しながら、北海道の「浜のための・浜による」システムを構築していきます。

設立 2007年度から

○名称 「RASネット北海道」
○主催 噴火湾ホタテ生産振興協議会
○目的 渡島海洋環境ネットワーク推進協議会の活動目的と組織体を改編して受け継ぎながら、噴火湾および渡島支庁管内を中心とする海洋環境の把握と営漁情報の共有化を行い、科学的データに基づく漁業振興に寄与する。
注) 本システムは今後、渡島管内の各地域や地先漁協等において、同システムを活用したい旨通知があったときは、協議のうえ、使用できる。
○事業内容 海洋環境に関する情報の収集および共有・公開に関すること。
漁海況予報システムの構築および見直しに関すること。
海洋環境ネットワーク推進協議会関係者への情報の普及・啓発に関すること。
○組織構成 噴火湾ホタテ生産振興協議会ならびに協議範囲の関係団体によって新たに組織された、共通した漁業生産活動海面の漁協・自治体による広域連絡協議体。
○設立 2007年度から (ブイアレイの設置と運用は2008年度から開始)
○メールアドレス
(ホームページ・海洋情報配信システム管理者:(株)エジソンブレイン )
○代表者 噴火湾ホタテ生産振興協議会により

設立 2001年4月から2007年8月まで

○名称 渡島海洋環境ネットワーク
○主催 渡島海洋環境ネットワーク推進協議会
○目的 渡島支庁管内の海洋環境の把握および情報の共有化を行い、漁業の振興に寄与する。
○事業内容 海洋環境に関する情報の収集および共有・公開に関すること。
漁海況予報システムの構築および見直しに関すること。
海洋環境ネットワーク推進協議会関係者への情報の普及・啓発に関すること。
○組織構成 噴火湾渡島海域漁業進行対策協議会・渡島東部海域栽培漁業協議会・津軽海峡地域水産人工種苗育成供給連絡会議によって組織された、広域の連絡協議会。
その活動支援として、渡島支庁・水産業改良普及指導所・水産試験所・北大水産のメンバーが参加。
○設立 2001年4月から2007年8月まで
○情報窓口 (渡島海洋環境ネットワーク推進協議会・システム班:北大水産学部 山下成治)
○代表者 渡島海洋環境ネットワーク推進協議会規約によって選出。